陸と海の連携を目指して「獲る水産」から「作る水産」へ

 境港物産振興会(岡空晴夫会長)は、優良な物産の生産と販売促進を図り、地場産業の振興と観光宣伝に寄与することを目的に、1996年7月設立されました。特に「獲る水産」から付加価値をつける「作る水産」への脱皮、あるいは水産物以外の地域の物産を生かした商品の開発を目指しています。

  境港は、全国でも屈指の漁港をもつ水産主体の街ですが、従来は、水揚げされた豊富な資源を全国に出荷して発展してきましたが、漫画家・水木しげるの描く妖怪をモデルにしたオブジェを通りに配する「水木しげるロード」が誕生して以来、観光客も多く訪れるようになってきました。

  そうなると水産一辺倒の形では物足りなくなり、陸と海との連携の必要性が生じてきます。そこで商工会議所加盟の役員企業数社が音頭を取り、地域振興に一役買おうと集まった各社によって設立されました。

 
 

 

 
 
 運営組織名  境港物産振興会
 運営代表者  会  長:岡空 晴夫
 通販事務局  事務局:門脇 康浩
 所在地  〒684-8686
 鳥取県境港市上道町3002番地 境港商工会議所内
 Eメールアドレス  admin@medama1.jp
 
  ACCESS= TODAY= YESTERDAY=  
  ACCESS= TODAY= YESTERDAY=  
  ACCESS= TODAY= YESTERDAY=